スプリンクラー設置基準

スプリンクラーガイドでは、スプリンクラーの設置に関する消防法設置基準規定の解説をしております。また、グループホーム・介護老人保健施設に関する消防法の改正基準の解説についても徐々に追加して参りました。

◆基本概要

◆スプリンクラーとは?
 スプリンクラーとは、発火に対する初期消火の際に自動的に作動する
●消防設備
 のひとつです。
 消防法では、スプリンクラーの設置基準・設置規定が定められており
●電気関連設備施設
●介護施設

 など、火災の発生によって被害が大きくなることが予想される施設などではより厳しい規定がなされております。

◆スプリンクラーの設置規定
 スプリンクラーは前項で解説した通り、消防設備のひとつです。
 ですから、スプリンクラーの設置規定に関しては
●消防法
 によって細かく規定がなされております。
 消防法が定めるスプリンクラーの基準規定は
●安全性
●危険度
●性能が発揮できる環境

 を基本的に重視して設置基準が制定されております。

◆スプリンクラーの構造
 スプリンクラーの種類は様々な種類が開発されております。
 従来はビルや百貨店などの商業施設が主流として使用されていたスプリンクラー設備ですが、近年では一般住宅でも設置する方が増えてきております。
 尚、スプリンクラーの種類としては
●湿式スプリンクラー
●予作動式
●開放式スプリンクラー

 などの種類が存在します。

◆スプリンクラーの種類
 スプリンクラーは基本的に
●スプリンクラーヘッド
 と呼ばれる合金もしくはガラス性の栓が本体内に埋め込まれる構造をしております。
 火災が発生すると、熱が発生しますが、スプリンクラーヘッドはこの熱で容易に融解する構造となっているため
●溶ける事で栓がはずれ
 スプリンクラーから散水が開始されることとなります。

◆スプリンクラー基本概要

◆スプリンクラーの設置義務化

◆住宅用設備

◆消防法設置基準

◆グループホームにおける設置義務